輸入菓子ブランドのご紹介~「ラ・サブレジエンヌ」と「アマリエ」

~アマリエ(Chocolate Amatller)~

私たちが普段から口にしているお菓子の代表格「チョコレート」がヨーロッパ各地に広まったきっかけが、
実は“スペインが最初”ということを皆さんご存知でしたでしょうか。
今では様々な種類のチョコレートが世界中に存在しますが、カカオの実を発見したイタリア人探検家のクリストファー・コロンブスによりヨーロッパで初めて
カカオの実がもたらされた国、それこそが何を隠そう「スペイン」だったのです。
ヨーロッパで初めてスペインにカカオの実が持ち込まれ、その後スペイン内でカカオの実は飲みやすく改良され、
そこから徐々にヨーロッパの各地にチョコレート文化が広まったとされています。
そして、そのスペインの地で生まれた“スペイン最古のチョコレート工房”、それこそが次にご紹介させていただく「アマリエ(Chocolate Amatller)」です。
 
アマリエ(Chocolate Amatller)の軌跡
「アマリエ(Chocolate Amatller)」は、1797年にスペインはバルセロナで小さな工房として始まりました。
工房を開いたのはフランス語でショコラティエと呼ぶチョコレート職人、ガブリエレ・アマリエ氏であり、
現在のような近代的な工場は彼の孫にあたる三代目アントーニ・アマリエ氏によって設立されました。
チョコレートの原料となるカカオ豆を監修するために、三代目アマリエは実際に原産地を訪れることで高品質なカカオ豆を選定したことでも有名で、
いつしか“チョコレート王”とも呼ばれるようになりました。
彼のチョコレートへの強いこだわりは今も息づいており、アマリエでは使用するカカオ豆の原産国であるアフリカはガーナ、
南アメリカはエクアドルで直接カカオ前を選定してスペインへ輸入し、焙煎に関わる全てのプロセスを自社工場で行うなど、
最上級の口どけと滑らかさのチョコレートを作り出すことを追求し続けています。
 
口どけの滑らかさが追及されたアマリエの人気チョコレート
アマリエのチョコレートは、ミッシャの絵画がデザインされている可愛いパッケージが女性へのプレゼントにぴったりです。
そして、アマリエの人気の秘訣であり、その魅力が最大限に発揮されているのがアマリエ自慢のチョコレートです。
カカオ豆を選定することで素材にこだわり、自社工場で独自の製法により作られるアマリエのチョコレートは世界中で人気があります。
ヨーロッパにおけるチョコレートの王とも呼ばれる三代目アマリエは、カカオの豆の選定のために何度も原産地を訪れては
チョコレートの品質を保つための試行錯誤を重ねたといわれています。
アマリエは、この時代に現存するスペイン最古のチョコレートブランドとして現在も変わらず、豆の焙煎、練り上げの作業、
そして型取りまでのすべての製造過程を自社工場にて行うことを徹底しています。
厳選されたカカオの豆の香りを純粋に楽しめるように作られたアマリエのチョコレートは、“タブレットチョコレート”や“ホットショコラーテ”、
“リーフチョコレート”、“フラワーチョコレート”、“アーモンドチョコレート”など、さまざまなタイプのチョコレートを味わうことができます。
 
カカオマスと砂糖だけで作られたダブレットチョコレート
カカオ豆を焙煎して皮を取り除き、すりつぶした状態の“カカオマス”、そして砂糖だけを使用して作られるアマリエ特製のチョコレートバーが
「ダブレットチョコレート」です。
カカオの香りを堪能するためにカカオバターは一切使用せず、エクアドルとガーナという二つの産地のカカオの香や味の深みを楽しめると人気があります。
“オリジンBAR”と呼ばれるセットは、カカオを70%カカオと80%カカオのタブレットチョコレートを、
エクアドルとガーナの二つの原産地の異なる二つの味や香りを食べ比べができるセットです。
尚、人気の“アルフォンス・ミュシャ ラウンド缶”には、70%カカオ、50%カカオ、そしてホワイトチョコレートという3種類のタブレットチョコレートを
一度に味わうことができます。この他、“ショコラセレクション”や“ラウンドボックス”といったセットも人気があります。
 
アマリエのチョコレートを彩る美しいデザイン
チョコレートの知識や最新技術をヨーロッパ旅行中に習得した三代目アマリエは、それと当時に芸術家を育成する活動に力を入れていたことが影響し、
有名な絵画をチョコレートの缶や包装紙などのパッケージに使用するようになりました。
アマリエのチョコレートの缶や包装紙に描かれた絵画は、彼が実際に一目惚れしたともいわれるスペイン人画家の“アルフォンス・ミュシャ”が描いた絵画です。
この絵画もとに描かれたデザインは、現在もなおアマリエのパッケージを華やかに彩る伝統として受け継がれています。
ミュシャが描いた有名な絵画のうち、アマリエのダークチョコレート缶には1899年の“ビザンチン風の髪飾り”、
ホワイト&ストロベリー缶には1901年の“桜草”、そしてミルクチョコレート缶には1900年“夢想”がデザインされています。
チョコレートを味わったあとにも、美しい絵画がデザインされたアマリエのミュシャ缶は、それだけで絵になる芸術性の高さが世界中の女性を虜にしています。
 
美しい歴史建造物で味わうアマリエのチョコレート
芸術をこよなく愛した三代目アマリエのアントーニ・アマリエ氏が、スペイン・バルセロナ出身の建築家ジュセップ・プッチ・イ・カダファルクに
建築を依頼して建てられた家、それが「カサ・アマリエ(CASA・AMATLLER)」です。
1898年から1900年に建てられたカサ・アマリエは、スペイン・バルセロナのグラシア通りに位置しています。
今では古い歴史をもつ建造物として一種の観光地ともなっているカサ・アマリエですが、隣接している“カサ・バトリョ”と呼ばれるガウディ建設は、
実はそれよりも依然に建てられたアマリエのカサ・アマリエをイメージして作られた建築物であるともいわれています。
さて、すでに100年以上前に建てられたアマリエの家とも知られるカサ・アマリエですが、その後長い月日を経て2014年に建築当時の写真をもとに忠実に
復刻され、バルセロナにおける観光名所として一般開放されました。
現在は、2015年に1階部分がカフェとチョコレート商品を購入できるショップとして生まれ変わり、
画家のアルフォンス・ミュシャの絵画で彩られた美しいパッケージのチョコレートがバルセロナ土産として大変人気があります。
また、アマリエのチョコレートをその場で堪能できるカサ・アマリエのカフェでは、“LA TAZA”というスペイン版ホットチョコラテを堪能できます。